キャリアアップ 忍者ブログ
世界屈指のテキトー人DENKEYが、古自転車にまたがり釣り竿を振り回しながら、どちらかというとドーでもイイことを綴る日記帳。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10

いまだに乗り続けているチャリは確か1980年物の大衆車であり、物好きと言われても反論のしようがない。

 だいたい、そんな古いもんになんで乗っているかというと、フツーに使えるからである。

 古いからボロいかといえば、ほとんどの部品は近年のものに交換されてしまったから、それほどひどいボロさは感じないのだ。

 ロードマンは最近どこかの雑誌で取り上げられたらしいが、さすがもう過去のチャリであり「ネオ・クラシック」いや「クラシック」と言ってもいいぐらいだ。だからといって「せいぜい街乗りぐらいにしか使えない」などといわれると、いまだサイクリングだのブルベにだの使っているボクとしてはかなりテーコーがある。

 オリジナルのロードマンを今のスポーツチャリと比べたら、タイヤが太くてホイールが重いだけに、ママチャリ並と言われても仕方ない。


 だが、ロードマンにアルミリムで700×25cをはかせたらどうだろう。乗り味は全く違うものになるのだ。高校生の時、40キロ出そうとおもったら結構踏んばらないとダメだったことを覚えているが、今使っているセットならそれほど踏んばらなくてもよい。

 フレームも今のチャリに比べれば重いが、自分で持って走るわけではなく常に接地しているタイヤやホイールが支えてくれているのだから、常に感謝を忘れない。なんのこっちゃ!?
 自重とチャリの重さを合わせれば90キロは超えるわけで、タイヤやホイールにとっては数キロなど誤差の範囲に違いないのである。

 細かいことを言えば、たとえばフレームの剛性だの精度だのジオメトリだの、ってことがあるのはわかる。でも、ちゃんと比較した者などどうせいないのだからそんなことドーデモエーのだ。

 今のセットでサイクリングは楽しいし、ロングライドだってまったく問題を感じない。

 だから、ロードマンは、「新しいものは絶対的に良い」などと勘違いしないためのイマシメとなるのである。

写真:外に出したばかりのロードマン2015。名前はまだない。
 

写真:去年塗装しなおした際に張り付けたヘッドバッヂ
 

以前の日記つながり:
古い自転車に乗り続ける男の浪花節2番

PR
筋肉痛が治ったと思ったら今度はおしりが痛い。痔ではないのだ。ウォーキングの代わりにチャリに乗ったせいだ。

 すっかり雪が解けたから、チャリを部屋から出したのがこの週末で、その晩もそれほど寒くなかったからちょっと近所を流してみたのだが、いつもなら痛くなるのはせいぜい翌日なのに、今日はもう1キロも走らないうちに痛くなってきた。

 先日発覚したカラダの不調は、クスリか食い物かウォーキングか昼寝かはたまたお祈りか、どれがが効いたかわからないが、結構回復してきたから、ここで一気に畳み掛けるべく運動と思ったのだ。

 テレビ番組なんかでやる「~体操」なんていうのはつまらないから、ウォーキングのほうがはるかにマシだし、それにスピード狂のボクとしてはチャリがベストなのである。

  あとはもう三角乗りでしのぐしかないのだ。

以前の日記つながり:
トーブンは控えめに
自転車軽量化計画

だいたい、もう半年近く運動らしい運動もしていないから、ウォーキングでもたちまち筋肉痛である。

 ただ歩くだけなどと侮ってはいけない。バカにできない運動量なのだ。

 この時期は忙しいゆえに体を休めることが最優先のはずだが、もう歩かない訳には行かなくなってしまった。

 慢性暇無しのストレスのせいか、カラダが少々イカレたらしく、インプットとアウトプットのバランスが崩壊、つまり食った分がちゃんと消費されずにぐるぐる体を回ってしまうのだ。
 ただ回るだけならよいが、こいつはカラダのあちこちを痛めつけ、放っておくとヤバいらしい。

 「自分は絶対大丈夫!」なんて根拠のない自信は、医者から突きつけられた数値でコッパミジンに吹き飛んだのである。

 人の振り見て我が振り直せとはよくいったもんだ。

 とにかく、まだ軽いうちに決着をつけなければならぬ。運動だけでなく口に入れるものから改めなければ短期決戦には勝てないのだ。

 あぁ、ラーメンライスにカレーライスにジャムライスにバターライスにハヤシライスにタコライスに。。。とにかくご飯を腹一杯喰いて~

以前の日記つながり:
大越冬!ダイエット

もう夏の出来事だったのに、今頃おもいだした。

 今年の北海道マラソンはちょっと違ったのだった。

 いつからだったか忘れたが、北海道マラソンのコースがうちの近所になってからは必ず見に行っているが、今年は観戦ではなく参加なのだ。

 とはいっても、チャリでヘタれるぐらいだからランナーなどあり得ないわけで、つまり給水所ボランティアスタッフとして参加するのである。

 選手用の水をテーブルの上に用意するのが仕事だが、これが実はとんでもなくたいへんなことだった。

 1時間を過ぎてトップ集団がやってきた。まぁ、楽勝だ。なにせランナーはまばらだから、テーブルに余るだけの水を並べることができる。

 ところが、もう30分もすると、1万人のランナーは怒涛のように押し寄せてき、並べた水は次から次へと無くなってゆく。

 2時間もすぎるともうだめで、100メートルもあるかと思われる給水所はすっかり渋滞し、ここに水の供給が破たんした。

 ひとつのテーブルを三人協力で、コップ10個を1秒で用意しないとぜんぜん間に合わない。もう、水を入れる前からコップを持っていかれる始末だ。

 足きり時間間近、我々10人が担当する300リットルの水とコップは底を尽き、リタイヤ選手には僅かに残った氷を配るのが精一杯だった。

 選手が去った後、道路は一面散真っ白だ。散乱した紙コップが水で溶けてドロドロになっているのだ。

 ドロドロを片付けて帰ったあと、一気に眠気が襲ってきた。たかだか4時間ほど外にいただけなのに尋常じゃない疲れだ。そのあとも数日間はずっと疲れたままだった。

 こんなに目の前を通っているのに、まともに見ることができた選手は最初の数百人だけで、あとはずっと選手の手だけである。知人も出場していたが、チェックする時間など蚤のハナクソほどもなかった。

 ボランティアといえども、体力勝負ということをまざまざと見せつけられたのである。


以前の日記も読んでみる?:
新星 
 

この週末はせっかく1日休めるところだったのに、会報用の駄文原稿を木曜日までに仕上げなければならず、今日も泣きながらパソコンに向かっているところだ。

 文章などそう簡単にひねり出せるものではないのはこのブログを書くことでよく分かっているから、余計に辛い。

 だいたい、このブログの短い文を書くだけでもけっこう時間がかかっているのだ。

 早いときなら30分もあればまとまるが、だいたいはだまって3日はかかる。最近だと最低でも1週間は必要だ。

 以前は、3日で出来上がらない文章など 旬が過ぎるからさっさと捨てていたのだが、今では起きたことすら3秒で忘れ去ってしまうから思い出すだけで最低3日はかかるのである。

 さらに打ち終わってから推敲するだけでも1日はかかり、ホントに公開してよいかどうか1日迷う。公開後だって3日間ぐらいは迷うのだ。

 しかし、そもそも、テーマがきまらなければ書き始めることもできぬ。いくらなにかの事象があったとしても、起きたこと全部書くことなどボクには到底無理で、しかも、自分の身の周りに起きていることだから万が一知人に知れたら恥ずかしくてしょうがないので、トリミング・デフォルメ・演出・創作してようやく晒せるのである。

 「あぁ、ブログなんてつくるんじゃなかった...」なんて思っても、たまにスマホで自分のブログを検索してから(あえてブックマークにせずgoogleで[denkey]などと検索してしまうのだ)読んでいるうちに、また「ちょっと書いてみるか」なんて気分になってしまうからアホなのである。

以前の日記つながり:
千里の道も匍匐前進じゃままならぬ 
 

Google 検索

Web を検索 このサイトを検索
プロフィール
HN:
DENKEY
性別:
男性
自己紹介:
基本的に無趣味でインドア派なのに、ある日突然変異的チョー例外として釣り人となり、サイクリングファンとなる。だが実は趣味未満。よって、乗っているチャリは高校時代から使っているブリヂストン ロードマン。

そして「のだめカンタービレ」(ドラマ)狂。
でも、今は森山みくりにキュン死中

野球はもちろん地元北海道日本ハムファイターズ
バーコード
電子式その1
電子式その2
忍者ブログ [PR]