キャリアアップ 忍者ブログ
世界屈指のテキトー人DENKEY(でんき)が、古自転車にまたがり釣り竿を振り回しながら、どちらかというとドーでもイイことを綴る日記帳。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

地元中学校吹奏楽部の演奏の中スタート。7月下旬だというのに吐く息は白くしかも霧雨だが、気分はコーヨーし寒さはまったく感じない。

 沿道には旗を持って沢山の人が応援してくれているが、どちらかというとベビーとシニアが多くヤングなギャルが少ないのが玉に瑕だ。珍しく黄色い声援がかったので、手を振って応えようとしたがよそ見をした途端に転倒しそうになったので、以後しばらくは会釈で応えることにした。

続き...

PR
オホーツクサイクリング2008 212Km無事完走
「オホーツクサイクリングに出場するぞ」
 自らの運動能力を試す。だから、このサイクリングでは最短時間で駆け抜けるつもりだ。そうでなければ意味がないのだ...

 はじめは10Km、そして20Km30Kmと少しずつ距離を伸ばし、70Kmぐらいまではなんとか走れるようになった。だが、大会第1日目の走行距離約130Km。かなり厳しい距離だが、平均時速13キロなら10時間もあれば到着できそうだ。そう、この大会は完走することに意味がある。いや、そうでなければならぬのだ...

続き...

4月がヤケに暖かったくせに5月に入った途端この寒さだ。しっかりチョージリを合わせてくるあたり、地球のやることは職人技である。

 この寒さでは折角の休日でもサイクリングにはチョット辛い。さすがに面倒なので家に閉じこもっていたが、日曜の夕方頃になるとやはり走りたくなってきたので、往復1時間の予定で海まで軽~くポタリングと決め込む。

 走ってみたら思った以上に寒い。気軽に出てきたので着ているものもそのままだ。だが、戻るのも面倒なのであきらめてどんどん走る。海まで約30分で到着。この時期・時間にいるのはボクぐらいかとおもったら、シーカヤックで乗り出す猛者がいた。脱帽!

 イマイチの天気だったためスッキリしない夕陽だが、それでも黄昏時の海は好きだ。なにせ、これからマズメタイム。釣りには絶好の時間...じゃなかった。

 夕陽を眺めながらの鼻歌はベートーヴェンのピアノソナタ「悲愴」第2楽章。のだめが夕陽の練習室で弾いていた曲である。


寒い潮風に吹かれながら思うことはこうだ。

「オホーツクサイクリング」どうしよう


 去年までは参加を決意していたはずだが今年はサッパリだ。チャリはオーバーホール済みで快調。人間の方は走るチカラも走りたいという思いも去年よりも上だ(と思いたい)。だが、いざとなるとどうもメンドーなのだ。

 今のところ考えている理由は「経済的問題」「仕事が忙しい」「きっと枕が合わない」「生水は危険」「途中、熊に襲われる」etc…。まぁ、そんなものボクにかかれば札幌ドーム10個分ぐらいひねり出すことはたやすいことなのだが...


 参加申込書はすでに手元にあり、あとはカネを払いに行くだけが...、まだ迷っている気持ちに、

「ぐずぐずしとるんじゃなか!ケツの穴の小さか男たいね」

と、のだめの声が聞こえるような気がする。
Google 検索

Web を検索 このサイトを検索
プロフィール
HN:
でんき
性別:
男性
自己紹介:
基本的に無趣味でインドア派なのに、ある日突然変異的チョー例外として釣り人となり、サイクリングファンとなる。だが実は趣味未満。よって、乗っているチャリは高校時代から使っているブリヂストン ロードマン。

そして「のだめカンタービレ」(ドラマ)狂。
でも、今は森山みくりにキュン死中

野球はもちろん地元北海道日本ハムファイターズ
バーコード
電子式その1
電子式その2
忍者ブログ [PR]