キャリアアップ 忍者ブログ
世界屈指のテキトー人DENKEYが、古自転車にまたがり釣り竿を振り回しながら、どちらかというとドーでもイイことを綴る日記帳。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
ここは国道230号、交通量が半端ない。行楽とUターンのダブルトラフィックで車道を走るのは結構怖く、疲れている体に余計こたえる。歩行者のいない(というかこんなところ歩くわけもない)歩道をガタガタと走るのである。

 小金湯を過ぎ簾舞の手前でちょっとした上り坂だ。たいした坂でないのにもう足は動かない。藤野、石山辺りまで来ると、こんどは路線バスに閉口する。街中まで停留所で追い越したり追い越されたりの繰り返しだ。止まってやり過ごしても次から次へとやって来るのである。とにかく国道230号は走りにくくてしょうがないのだ。

 新川通までやってくれば道は広いし交通量も格段に減るのだが、街中から小樽方向に向かうのは毎度堪える。上り坂かはたまた向かい風か、走る気を削がれるのである。左手に夕日を見ながら、もう無理に漕ぐのはやめた。あとは数キロゆっくり流すだけだ。

 そして、夕日が沈む直前、約100キロ、7時間のチャリ旅がようやくここに完結した。
 あいかわらずのボロチャリそしてユニクロドライの上下で、今日1日良い思い出のプチ冒険だったのである。

おわり。



PR
とにかく、無酸素運動にならないよう「100メートル走って3分休む走法」で進み、うちをスタートしてから3時間でようやく頂上に到着した。


 すぐそこに朝里トンネルが口を開けている。こっちは小樽、むこうは札幌だ。道路脇の除雪車転回場でチャリを止めて、空になったドリンクボトルに真水とドリンクパウダーを補給するだけでさっさと出発する。どうせこの先は漕がずに済むのだ。

 さぁ、いよいよトンネルを越えるのである。地図によると小樽側より札幌側の方が坂が緩やかで、定山渓までほぼ下りのはずだ。若干の不安のままトンネルに吸い込まれてゆく。

 トンネルを過ぎると天気がよくなり結構暑い。なだらかでスピードがでないから余計だ。さらに、あちこち工事中で片側交互通行になっていて、走りにくいったらありゃしない。ずっと歩道を走るはめになり、スピードはこれっぽっちも出せないのだ。





 途中、札幌国際スキー場、さっぽろ湖、定山渓ダムなど横目に通るのだが疲れでゆっくり見るヨユーなどなく、惰性で定山渓温泉街に転がり込んだ。



 足湯は国道230号との交差点の角だ。惰性のまま飛び込みたいところだがそうは行かぬ。まずは腹ごしらえだ。そばのコンビニでおにぎりと水を買い、足湯に戻る。
 ここの足湯は屋根があるだけの施設で誰でも無料で使える。国道のそばなので多少うるさいものの、温泉街の入り口にあり「温泉にキタゾー」って感じがするのである。

 おにぎりを腹に納め、落ち着いたところで足湯にはいる。「はぁ"ー」、疲れはいっぺんに吹き飛ぶ...わけないが、もう少し走れそうな感じがしてきた。それにあとはほとんど平地だ 。
 30分ほど休んでチャリにまたがり、「次は車で日帰り入浴ランチ付2500円」とつぶやきながら、出発する。あと2時間半もすれば日没だが、明るいうちにたどり着けるのだろうか。
このお盆休みはチョー奇跡的9連休が当たり、ダラダラ使うのはあまりにももったいないので、いくつかのミッションをボク自身に課すのである。まるで小学生の夏休みだが、それぐらいしないとボケ老人となってしまい、休み明けの社会復帰もままならぬ。
 もちろん、でんき式であればボケ老人上等、ダラダラやってもよいし、雑用に明け暮れてもよいのだ。時間がもったいないといっぱい詰め込んだってどうせできっこないのだ。
 さて、そのミッションのひとつがチャリである。ホントは旭川墓参チャリ旅でコンプリートのつもりでいた。なにせ、このお盆休みは天気が悪く、晴れたうちの1日は草刈り、もう半日が旭川墓参の旅だった。ようやく晴れの予報が出たのが土曜日だ。土日の休みが終わったら仕事再開であり、ここで体力を使ってしまうのはチョット気がかりだが、「夏の思い出」、愛車ロードマンでサイクリングに出るのである。

 目標は、長年実現していない(放置していた)「朝里峠越え定山渓足湯ツアー」だ。ようやく朝里峠の頂上まで上れるようになったけど、いつもはそこから折り返して帰っていた。そのまま帰ればあと35キロ、その先の定山渓まで下りるとなると、あと65キロは走らないとうちに帰れない。つまり、ぐるり回って100キロのコースなのである。

 正直なところ100キロ走るのは特別モードであり、フツーに走れる気がしない。練習は嫌いでも準備は必要なのだ。毎日チャリ通往復30分走っているが、そんなの練習になんかならぬ。

 それでもダメもとで走り出す。せっかくの夏休みの思い出「プチ冒険」だ。なーに、ヘタれたら帰ってもいいし、定山渓で一泊という手もある。明日は1日ヘタれた体を癒しても良いのだ。


 朝里峠手前の朝里ダム辺りまではもう何度も走っているので、走りのペースはなんとなくわかる。しかし朝里峠にはいるともうだめだ。あまりにキツくて、走っているのかフラフラしているだけなのかよくわからない。






 限界がたぶん8.6Km/hぐらいで、ここまでならなんとか脚は回る。しかし、これよりスピードが落ちる(つまり坂がきつくなる)と強く踏み込まなければ前に進まず、ひざとふくらはぎが痛む。もしスピードをあげようと立ち上がったりしようものなら、その場で心臓は爆発するに違いないのだ。坂はさらにきつくなり、今や歩く速度と変わらない。


その2につづく

 しかし、旭川駅の近辺まで来るとすっかり開け、ホテルが立ち並ぶ。昔の旭川駅近辺とはまるで違うのだ。ただ、人は歩いているのだが、どちらかというと観光客が多く見える。

 2時34分、ようやく旭川駅にゴール。往復3時間半のチャリ&墓参の一人旅は悪くないものである。
 帰りの高速バスは時間を決めていない。予約不要なだけに気軽だが、お盆時期は目的の便が満車で乗れない可能性はある。カミさんは勤務後に大通公園ビヤガーデンに行きたいと言っていたので、待ち合わせるとすれば7時ごろだ。とすると遅くとも4時ごろの便に乗れば間に合いそうだ。なーに、遅れたところでどうせ先にやっているのだ。そうなると、バスの時間まではまだ1時間以上あるので、遅い昼飯を食いに出るのである。
 今回行く場所はラーメンと決めている。ホントはいまさら旭川で特に食べたいものはなく、カミさんや子供を連れてくるときも食わせたいと思うものがなくて困るぐらいで、丸井や西武デパートの最上階がなんでもあってちょうどよいのである。(残念ながら、今や両方ともないのでイオンになってしまうのだった。)
 しかし、今回は久しぶりにラーメン、しかも子供の時から馴染みのラーメン屋に寄るのである。たぶん前回寄ったのはもう20年以上も前で、やっぱり墓参りの帰りにカミさんと子供を連れて寄ったのだ。こっちは食べ慣れた味だがカミさんには不評だったことを覚えている。以来、寄ったことがなかった。
 旭川駅を背に緑橋通りを歩く。目的の場所は2条だから10分もかからない。途中、有名ラーメン店があって外まで人が並んでいた。ここは札幌でも食べられるし、そもそも一人で並んで待つほどラーメンに執着はないのだ。さて、これから行くほうはどうだろうか。
 目的のラーメンは昔から魚介の香りが強く、好き嫌いが分かれるところだ。実際、カミさんとも好みが分かれる。ボクにとっては、子供の時からの景色・におい・思い出が強いラーメンだけに忘れられない食べ物であるのだ。
 店の前に着くと「仕込中」の看板が出ていた。再開は3時からだ。あと10分ほどだが待つのもちょっと煩わしい。ふと見ると、店の隣に待合室なるものがあってすでにたくさんの人が待っていた。「あぁ、すっかり有名店になってたのね」とボヤきながら店の前をあとにした。いくら食べたくても待つのは御免である。こうなると、旭川駅まで戻り、駅の中の食堂が良い。なにせ、帰りのバス停もすぐそばで、気兼ねない、混んでない、高くない、の3拍子だ。でも、すでに頭の中はラーメンモードなのでここは迷わずしょうゆラーメンをオーダーした。(正確には食券を買った、だ)
 出てくるラーメンは、ボクの中の標準ラーメンで、毎日食べたいぐらいのものである。毎日食べたいラーメンなどそう見つからないのだ。(幸運にも札幌で毎日食べられるラーメンを見つけて、実際しばらく毎日食べた。)

 今食べたラーメンで今日1日の旅になんとなく満足し、予定より早い3時20分の高速バスに乗りこんだ。帰り道、車窓に子供の頃遊んだスキー場が変わらず見えたが、知らない多くの建物と思い出のラーメンに振られた若干のショックで、旭川にはいよいよ自分の居場所がなくなるような気がしたのである。
おしまい。
 東旭川あたりまで来るとグレーだった空はいよいよ真っ黒になり、「ポチポチ」落ちてくる量が増えてきた。しかも向かい風が強い。「こりゃホントヤバイ」と思うが、チャリは簡単には前に進まないのである。30分ほどで目的地の近くまで来たが、もう寄らずに帰ることに決めた。ずぶ濡れでは帰りのバスに乗れぬ。それに、前回行ったのははるか昔いつのことかわからないぐらい前という「縁はあっても義務はない」状態のお墓であり、お墓にいる人にも忘れられている存在なのだ。もはや行かずとも恨まれることはないのである。
 そんなことを考えていたらいきなりの大雨だ。かろうじて乾いていた街路樹の下に退避したが、木の葉っぱから雨が落ちてくるのは時間の問題だ。目の前にオレンジ色の自動車用品ショップがあったが、チャリで乗り付けるのはさすがに気が引ける。このまま雨宿りするか、濡れてもいいから移動するか、おおいに迷うのである。

 とりあえず、かばんに入っていた飲み物を出そうとしたら、折り畳み傘を入れておいたことを思い出した。今朝の天気予報を見たとき、かばんに入れておいたのだ。傘をさしてチャリに乗る訳にはゆかないので、左手に傘、右手にチャリのハンドルを掴んで歩き出す。旭川駅まで約5キロ、多少雨に濡れるのも仕方がない。豊岡4条を右折して市街地方向に向かう。このまま行けば4条通りの25丁目に出るのだ。
 4条通りに入るとようやく雨は小降りになり、さらに20丁目あたりまで来るとポチポチ程度までに治まった。しかし、また何時降ってくるともわからないので、チャリに跨って旭川駅に急ぐ。雨で湿ったジーンズは足に張り付いて走りにくいが、濡れたシャツに風が通ってもそれほど寒くない。気温自体は低くないのだ。

 ここで、宮下通まで一気に横断し、宮下通を旭川駅に向かう。
 高校生のころの通学では宮下通7(旭川駅あたり)~21丁目を走ることはまずなかった。忠別川沿いのサイクリングロードか1条通り(または宮下通の6~1丁目)と決まっていたのだ。覚えているとしたら20歳のころ。17丁目のJR高架のアンダーパスに荷台の重機をひっかけて落としたトラックを目撃したことだ。「ドーン」という尋常ではない音の方向を見たら、道路の真ん中にブルドーザーが落ちていた。そのころの傷が残っていないか確認してみたが35年も前の傷など残っているわけもない。
 このあたりは隣の1条通りと比べて交通量も少なかったし、倉庫群とかそういう静かなイメージ(そして、なぜか錆びた感じのイメージもあった)の場所であったが、やっぱりいまだに同じである。
 その4に続く
プロフィール
HN:
みつぼし でんき(DENKEY)
性別:
男性
自己紹介:
基本的に無趣味でインドア派なのに、ある日突然変異的チョー例外として釣り人となり、サイクリングファンとなる。だが実は趣味未満。よって、乗っているチャリは高校時代から使っているブリヂストン ロードマン。

そして「のだめカンタービレ」(ドラマ)狂。

野球はもちろん地元北海道日本ハムファイターズ

「電子式記録簿でんき風味」好評発売中(Amazon)
Google 検索

Web を検索 このサイトを検索
バーコード
電子式その1
電子式その2
忍者ブログ [PR]