キャリアアップ 忍者ブログ
世界屈指のテキトー人DENKEYが、古自転車にまたがり釣り竿を振り回しながら、どちらかというとドーでもイイことを綴る日記帳。
[111]  [110]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [97]  [96]  [35]  [34
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いまだに乗り続けているチャリは確か1980年物の大衆車であり、物好きと言われても反論のしようがない。

だいたい、そんな古いもんになんで乗っているかというと、これは一にも二にもケーザイ的な問題でありつまり「カネ」が無いのだ。
 配偶者と子供(だがデカい)を養うには、趣味用チャリしかもいつ飽きるかわからないものに廻る予算など皆無である。

 さて、こういった古いものを使う場合、
「オリジナルの状態を保ちたい。その当時の状態でその当時の雰囲気を味わいたい。」というのと
「オリジナルにかまわず自分の使いたいように改造したい。」
の二手にだいたい別れるはずで、もちろんそれはどちらでもかまわないわけであり、ボクの場合はというとこの自転車に限っては後者である。

 たとえ古くても十分「使える道具」になり得るわけで、セカンドカーがないからこれがファーストカーであり、あくまでもPlaying Modelでなければならぬ。

 「古い自転車でのんびり走る」などということは真っ平ゴメンで、飛ばしたいときには飛ばせて、ゆっくり走りたいときはゆっくり走れないようであればたちまちヤフオク行きなのだ。もちろん体がついて行かないということは別だが。

 6年前に物置の奥より目覚めた古チャリBSロードマンは、この3年ですっかり別人28号となったが、中古部品を使いながらでもおそらくあと10年は現役で使えるはずだ。もちろん体がついて行かないということは別だが。

 しかし、これ以上古自転車を転がしていたら自転車屋は商売あがったりで、古自転車撲滅協会がゴルゴ13を雇って破壊にくるに違いないのだ。そうでもしなければまったく壊れない鉄人28号的チャリなのである。

 ここに、ロードマンに加えた改造とほぼセコハン部品の交換記録を残す。

フォークエンド修正100m(魔法では手に負えず結局プロに依頼)
フレーム&フォーク再塗装(もちろん自動車用塗料でDIY)
ホイール mavic monthlery
ハブ SHIMANO 105
ハンドル 日東 B105 410mm
サドル サーファス ゲル入り
クランク Truvativ 170mm
(チェーンホイール付 2s 50t/36t)
BB SRAM カートリッジ式JIS68/108mm
ペダル  SPECIALIZED (トゥクリップ タイオガ)
スプロケット SHIMANO 8s 13t-26t
リアディレイラー SHIMANO RD-4400(9s用だが8sで使用)
センタースタンド VIVA

写真:ブルベ300Km キャンセル後のロードマン2011GIN-BUCCHI
(オリジナルはブリヂストン・ロードマンRM703.確か最初のクロモリで、かつ、最後のダイキャストフレームのモデル)

1710669484_119.jpg

以前の日記つながり:
風になりたい、が...
カゼになった?...
レトロ自転車に明日はあるか
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
充分イケてるじゃないですか
こんにちは。サトシ-Tと申します。

80年代の中古といっても全然まだまだ現役バリバリですね!
見た目もかわいいじゃないですか。クロモリ好きの細いフレーム好きなのでかなりイケてると思いました。

ロードバイクはフレームさえ大丈夫ならパーツ交換でいつまででも乗り続けられるいい証拠ですね。ステキです。
サトシ-T URL 2012/05/17(Thu)09:36:23 編集
コメントありがとう
サトシ-Tさん>
初めまして。ご訪問&コメントありがとうございます。

新車から乗っているチャリなんでもうすっかりクサレ縁です。人かチャリかどちらが先に朽ちるか...
DENKEY URL 2012/05/17(Thu)20:54:28 編集
プロフィール
HN:
みつぼし でんき(DENKEY)
性別:
男性
自己紹介:
基本的に無趣味でインドア派なのに、ある日突然変異的チョー例外として釣り人となり、サイクリングファンとなる。だが実は趣味未満。よって、乗っているチャリは高校時代から使っているブリヂストン ロードマン。

そして「のだめカンタービレ」(ドラマ)狂。

野球はもちろん地元北海道日本ハムファイターズ
Google 検索

Web を検索 このサイトを検索
バーコード
電子式その1
電子式その2
忍者ブログ [PR]