キャリアアップ 忍者ブログ
世界屈指のテキトー人DENKEYが、古自転車にまたがり釣り竿を振り回しながら、どちらかというとドーでもイイことを綴る日記帳。
[55]  [56]  [57]  [58]  [62]  [63]  [64]  [65]  [66]  [67]  [68
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日、オホーツクサイクリングの案内書が届いたが、今年は出場しないと決めている。あせって自転車を直す必要もないと思ったが、昨年計画した「朝里峠越え定山渓足湯ツアー(仮)」がまだ実現しておらず、やはり、さっさと直しておくにこしたことはない。

 だが、休日しかも好天となれば「カレイが釣れる」だの「ホッケが入れ食い」とアクマがササやく。幸か不幸か朝から町内会の清掃に参加せねばならず、どう考えてもいい時間に到着出来そうもないから、やはり自転車を仕上げるしかないのだ。


 清掃から帰ってコーヒーを一口すすり、早速自転車の組み立てにとりかかる。


 塗装のほうは魔法と夜なべでなんとか仕上げた。色は、オリジナルのアイボリーより明るい白、しかもパール入り。高級かどうかは知らない。

 ロゴは、助言・入手した情報など検討し結局「TATOOシール」なるものを流用した。まあまあの出来であるが、退色が少々気になるところだ。

 ただ、ロゴを入れても「鍵盤」「音符」「虹」「マングース」「プリごろ太」などが入る余地は十分あったのに採用が見送られたのはすでに正気に戻っていたからである。
(だが、やはり見てみたかったという若干の後悔はある。)

 足となるホイールは、大英帝国規格27インチの呪縛を解き放ち、新たにフレンチ規格700cでラテンの血を注ぎ込んだ。タイヤは特製アイボリーホワイト。


 そして遂に、この古自転車ロードマンはスポルティーフDENKEY風味として蘇り、さっそく「しろ」と命名された。

 スポルティーフはフランス生まれの小旅行用軽快車であるが、「しろ」はあくまでもスポルティーフっぽいだけであり、本当に軽快で旅行が出来るかどうかは少々疑問が残る。


 実はこのスポルティーフ、「ブルベ」なる認定スポーツを楽しむものらしい。ブルベとは規定の距離を制限時間内に走り、本国フランスの機関にてそれを認定するというものである。

 そして、ここ北海道でもそれを楽しむことが可能であり、来年はぜひ200Km(制限時間約13時間)に参加したいと思っている。なぜ来年かといえば、備えて練習する.....わけではなく、もっと腹にエネルギーを蓄えねば150Kmにも満たないうちに倒れるに違いないのだ。

写真:完成直後のロードマン「しろ」
1143512466_235.jpg
1143512466_165.jpg1143512466_226.jpg
 
PR
プロフィール
HN:
みつぼし でんき(DENKEY)
性別:
男性
自己紹介:
基本的に無趣味でインドア派なのに、ある日突然変異的チョー例外として釣り人となり、サイクリングファンとなる。だが実は趣味未満。よって、乗っているチャリは高校時代から使っているブリヂストン ロードマン。

そして「のだめカンタービレ」(ドラマ)狂。

野球はもちろん地元北海道日本ハムファイターズ
Google 検索

Web を検索 このサイトを検索
バーコード
電子式その1
電子式その2
忍者ブログ [PR]