キャリアアップ 忍者ブログ
世界屈指のテキトー人DENKEYが、古自転車にまたがり釣り竿を振り回しながら、どちらかというとドーでもイイことを綴る日記帳。
[58]  [62]  [63]  [64]  [65]  [66]  [67]  [68]  [69]  [70]  [71
チャリンコの今回のリフレッシュの目的の一つにフレームの補修がある。

 使わず野ざらしだった時期もあり、今では塗装の下から錆が染みてきて純白のフレームがすっかりオレンジ色の斑だらけなのだ。

 一部は塗り直したものの、やはり、少々見苦しい。(操縦者のほうがもっと見苦しいという声はこの際無視する)それに、これ以上錆が進むのは自転車にとっても良くないはずである。

 こういう場合「塗り直す」ということが一般的だが、ここで一つ問題がある。塗り直すとなるとそこに描かれている「ROADMAN」のロゴも消えてしまうのだ。ロゴが消えると走行に影響があるかというと全く無い。一休和尚の袈裟の話と同じで、サイクリングはロゴに乗って行くわけではないのだ。しかし...


 そもそも、スポーツタイプの自転車のフレームなどほとんどがトライアングルのお化けであり、自動車と違って形から銘柄を判別するのは至難の業だ。

 いや、別にわかってもらわなくても何の問題もないのだが...

 やはり、わかってもらえないのは少々サビシイ。ほんとうはかなりサビシイ。

 ロードマン自体はたいした性能をもった自転車ではない。一世を風靡した自転車ではあるが、30年近く経った今、その価値は微々たるものである。でも、新品で買った時からず~っと使い続けているというところに凄い価値があるはずで、早い話が、少し自慢したいというチョー単純不純的思考なのだ。


 だから、なんとかこのロゴは残したい。


 幸か不幸か、ロゴ関係はすべてステッカーでできており、うまくはがせばもう一度使える可能性がある。



 だが、失敗した時は........ステッカーの切れ目が縁の切れ目になるような気がしてならない。


リフレッシュを直前に控えたフレームの画像をここに残す。

ブリヂストン・ロードマン-フレーム
PR
プロフィール
HN:
みつぼし でんき(DENKEY)
性別:
男性
自己紹介:
基本的に無趣味でインドア派なのに、ある日突然変異的チョー例外として釣り人となり、サイクリングファンとなる。だが実は趣味未満。よって、乗っているチャリは高校時代から使っているブリヂストン ロードマン。

そして「のだめカンタービレ」(ドラマ)狂。

野球はもちろん地元北海道日本ハムファイターズ
Google 検索

Web を検索 このサイトを検索
バーコード
電子式その1
電子式その2
忍者ブログ [PR]