キャリアアップ 忍者ブログ
世界屈指のテキトー人DENKEYが、古自転車にまたがり釣り竿を振り回しながら、どちらかというとドーでもイイことを綴る日記帳。
[64]  [65]  [66]  [67]  [68]  [69]  [70]  [71]  [60]  [59]  [29
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

手稲山チャレンジ週間第4週目。気力が続かず中断。

体育の日ならばやはりサイクリングであるが、野暮用のため午後出発となれば「昼クライム」、やはり手稲山でなけれならぬ。


 実は2週間前に予行演習で朝里峠を中腹まで走っており「これならイケそうだ」と気を良くして帰ってきたのが、1週間に一度はカラダを動かさなければたちまち大地に横たわる脂と化す身であり、2週間もたてば白いブヨブヨ。豚の脂身は好きだが、喰われるのはやはりイヤだ。いや、誰も喰わないか...

 しかし、今回は登坂&脂対策としてV●●Mなるものを入手した。

 「脂肪がすぐにエネルギーになり、スタミナが続き疲れにくい云々..」

と能書きがある。つまり、これを飲めば手稲山など朝飯前で昼飯前には中山峠の頂上に至り、しかも運動後にはQちゃんボディのできあがりということらしい。


 早速1リットルほどをこしらえ、ボトルとお腹に詰めてから山へと向かう。

 最初はいいペースで漕げた(ような気がした)が、あっという間にスローダウン。しかも、カラダがいつもよりかなりきつい。運動不足なのは解っているがいつもとチョット違う。なんかヘンだ。

 カーブ1つ越えるごとに休憩という登坂スタイルはいつもと同じだが、それでもいつもより休憩時間をとらないと全く漕げない。休むたびにとにかくV●●Mをやり、お腹の脂がエネルギーに変わることをひたすら祈る。

 だが、いつまでたってもパワーは出ず、途中数台の爆走自転車に抜かれ、1時間ほどでようやくオリンピアの駐車場に到着した。

 少々休憩し、ハイランドを目指そうとしたが、もう漕ぐ気力が全然出ない。200mほど上ったものの無理っぽいのであきらめた。


 そして、手稲山チャレンジ週間第5週目。1時間以上かかってようやくオリンピアに到着。前回と全く同じ状態である。



 いろいろ考えてみたが、たぶん、脂肪が運動エネルギーにほとんど変わらなかったのではないか。
 実は体脂肪率が数%で、燃やす脂肪が無かったと考えられなくもない、ということを考える余地は全くないので、おそらくは、腹のなかではこのようなやりとりがあったはずだ。


脂A「ほら、オマエ脂だから先に行け」
脂B「なにいってんだ、おれは●清キ●ノ●ラだぞ、オマエが先だ」
脂C「オレ様はか●やのご●油だぞ、オマエが先だろ」
脂D「アタシB●S●Oのオリ●ブオイルよ、あなたが先だわ」
脂A「オレだって特製豚の脂身ラードだぞ」
脂A以外「ほらやっぱり脂だ、先に行け」
...

 つまり、全員のらりくらり牛歩戦術であり、いつまでたっても一向にエネルギーに変わらないのだ。

 そうしている間にも奴らは次から次へと仲間を増やし続けるのである。
PR
プロフィール
HN:
みつぼし でんき(DENKEY)
性別:
男性
自己紹介:
基本的に無趣味でインドア派なのに、ある日突然変異的チョー例外として釣り人となり、サイクリングファンとなる。だが実は趣味未満。よって、乗っているチャリは高校時代から使っているブリヂストン ロードマン。

そして「のだめカンタービレ」(ドラマ)狂。

野球はもちろん地元北海道日本ハムファイターズ
Google 検索

Web を検索 このサイトを検索
バーコード
電子式その1
電子式その2
忍者ブログ [PR]