キャリアアップ 忍者ブログ
世界屈指のテキトー人DENKEYが、古自転車にまたがり釣り竿を振り回しながら、どちらかというとドーでもイイことを綴る日記帳。
[53]  [54]  [55]  [56]  [57]  [58]  [62]  [63]  [64]  [65]  [66
この季節は例年だとそう忙しくもないなのだが、どういう超常現象か仕事が集中してメチャクチャ忙しい。

 だが、通常仕事が忙しいと経済的収入も増えるはずなのだが、なぜかこれが一向に増える気配がない。勤労-金銭変換装置の性能がもともと悪く、いくらつぎ込んでもリターンがないへたくそパチンカーみたいだが、けっして仕事が下手なわけではないのだ。(と一応言ってみる)



 そんなわけで、ここ最近の少ない休日のほとんどは休養に割り当てられ、家の中には常に脂身トドが一匹横たわっていることとなる。

 折角リフレッシュしたロードマンも今年は100Kmも走っておらず、いまだにピカピカなのは喜ぶべきことなのかどうか少々疑問だ。

 この週末は絶好のサイクリング日和だったのだが、時間的な余裕もなく外にでるのも面倒で、寝たまま片目で「ドラゴンボール改」「CSIマイアミ」「のだめ」など眺めて過ごすことになる。

 それでも、夕食後腹がふくれたおかげか少し元気が出てきたので近所を少し漕いでみることにした。

 この季節なら夜8時ごろは西の空にほんのわずか明るさが残っており、しかも今日は満月に近く外は妙に明るい。日中から霞かがっていた手稲山は、霞に反射する月の明かりが幻想的だ。

 夜の走行は昼の走行にくらべて少々危険だが、それでも子供の頃懐中電灯をもって夜の近所をうろうろしたときのようなワクワク感がある。

 だいたい、この辺りは田舎なので、人も車も通らない道などゴマンとあり(いや田舎なのでそんなにないが)ユーレーだのゾンビだのサンゾクだのベジータだの出ないことを祈りつつ40分ほど5~6キロぐらいを漕いだ。

 本当はもう少し走りたいところだが、これ以上は危険なのでさっさと帰る。
 満月の夜に降り注ぐブルーツ波はもうすこしで1700万ゼノをこえ、大トドに変身したこの身はたちまちこの片田舎を廃墟にしてしまうのだ。
PR
プロフィール
HN:
みつぼし でんき(DENKEY)
性別:
男性
自己紹介:
基本的に無趣味でインドア派なのに、ある日突然変異的チョー例外として釣り人となり、サイクリングファンとなる。だが実は趣味未満。よって、乗っているチャリは高校時代から使っているブリヂストン ロードマン。

そして「のだめカンタービレ」(ドラマ)狂。

野球はもちろん地元北海道日本ハムファイターズ
Google 検索

Web を検索 このサイトを検索
バーコード
電子式その1
電子式その2
忍者ブログ [PR]