キャリアアップ 忍者ブログ
世界屈指のテキトー人DENKEY(でんき)が、古自転車にまたがり釣り竿を振り回しながら、どちらかというとドーでもイイことを綴る日記帳。
[7]  [5]  [6]  [4]  [10]  [3]  [2]  [1]  [72]  [73]  [74
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今年のオホーツクサイクリングへの参加は辞めることにした。それは子供たちの学校祭その他イベントがあり、そちらのほうを優先したいからだ。これはいわゆる勇気ある撤退であり決して練習不足のためではない。
その証拠に、少しずつではあるがちゃんと走っているのだ。

 先日も「平和の滝」まで約40Kmを走る。今回は、「滝」ということで少々上り坂を覚悟しなければならない。一応、経験者談をインターネットで調べてみたら最後の1Kmがキツイらしいことがわかった。が、まあ何とかなるだろう。

 今回は走り始めがなんだか楽だ。これは「おっ、体、かなりイケてる?」などと思っていたら大間違いだった。強い追い風が吹いていたのだ。できれば今日は帰らずに愛人28号宅にでも泊まり、翌日風が治まってから帰りたかったが、残念ながらそのような人はいるわけもないので、あきらめてドンドン走る。すでにラードと化したドロドロ血液が、体温の上昇とともに溶け出しズルズルと全身を流れる。

 ところが、平和の滝に至る径はあちこち寸断されたツギハギ自転車道路だ。一般道だの信号だの線路だの、あっという間のスローダウン。一般道をジグザグに駆け抜け次のツギハギにたどり着くという繰り返しである。

 ここでうっかり径を間違うとたいへんだ。メンドーだからと路線を変更せずにいると、たかだか2~30mしか違わない径を走っているのに、行き止まりだの方角違いでドンドン目的の道路から離れてしまう。そのときは大きく迂回しなければならず体力的より精神的に堪える。

 そんなことをしているうちに妙なことを思いついた。脳の血の巡りが良くなったせいで、どうも紙一重を超えたらしい。

「こいつは人生と同じだ。人生に分かれ道があるのではなく日々の小さな道の選択の積み重ねが次の道を決定づけているのだ。ゴールに続く一本道に出れば否応なしにゴールに到着するし、間違った道に乗ればゴールは険しい。」

 これはすごい発見だ、といいながら「ヘンなオジサン自画自賛」と漕ぐ。くだらない思考は時間を縮める作用があり、あっという間に最後の1Kmにたどり着いた。噂の通り、急な坂道だ。

 実際、漕いでみると重くて前に進まない。ゼイゼイ言いながら半分以上自転車を押して足で登り、なんとか目的地に到着した。


確かにこれは人生そのものだ。
PR
Google 検索

Web を検索 このサイトを検索
プロフィール
HN:
でんき
性別:
男性
自己紹介:
基本的に無趣味でインドア派なのに、ある日突然変異的チョー例外として釣り人となり、サイクリングファンとなる。だが実は趣味未満。よって、乗っているチャリは高校時代から使っているブリヂストン ロードマン。

そして「のだめカンタービレ」(ドラマ)狂。
でも、今は森山みくりにキュン死中

野球はもちろん地元北海道日本ハムファイターズ
バーコード
電子式その1
電子式その2
忍者ブログ [PR]