キャリアアップ 忍者ブログ
世界屈指のテキトー人DENKEYが、古自転車にまたがり釣り竿を振り回しながら、どちらかというとドーでもイイことを綴る日記帳。
[132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127]  [126]  [125]  [124]  [123]  [122
いまだに乗り続けているチャリは確か1980年物の大衆車であり、物好きと言われても反論のしようがない。 

 だいたい、そんな古いもんになんで乗っているかというと、ビンボー性で捨てられないからであり、しかも30年も乗っていれば多少なりとも愛着も出るのだ。

 そんなわけで古いチャリを治したいから、「ロードマン」でググったら「なんとかルック」だの「重い」だの、あげくのはては「騙された」だの書きこみが目に飛び込んできた。でも、あと10分余計に寝られたのも遅刻を免れたのも少なからずロードマンのおかげであり、ママチャリではそうは行かなかったはずだ。

  だいたい、ロードマンはれっきとしたチャリであり、ハンドルもタイヤもペダルもトーゼン標準装備でその日から通学でもサイクリングでも好きなことを気軽にできるいわゆる「ランナバウト」なのだ。カテゴリに入れられないからとなんでも「ルック」などといってはいけない。

 ただ、値段が少し安いだけあって特殊な部品だったり性能が劣ったりするから、治しようもなくて文句をいいたくなるのもわからないでもない。 それでも、オリジナルの見る影もないぐらい大方の部品は交換可能だ。

 その分新しいチャリをかったほうが良いかと言えば、やっぱりいろいろ取っ替えるから今のボクの脚力だと結局無駄の上塗である。

 メタボ形オジサンには古くてちょっと重そうなルックス(実際持つと重い)がちょうどよいわけで、カッコいいチャリに魅力はあるが下手くそなのに形だけじゃあまりにも無様だ。 それに、乗ってみれば十分楽しいし、はたからみればスポーツっぽく見えるかもしれぬ。(だからルックか?、いやそれならseemだなきっと)

  そしてブリヂストンというブランドがちょっとだけエンスー心をくすぐるのだ。

 だから、ロードマンは簡単に捨てられないのである。

以前の日記つながり:
古いチャリに乗り続ける男の浪花節
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
ロードマンのカテゴリーは・・
「ロードマン」ですっ!
日本一周した師匠が言い切っておりましたので間違いありません!(笑)
くるたまのパパ URL 2012/10/30(Tue)19:06:37 編集
Re:ロードマンのカテゴリーは・・
くるたまのパパさん>
その通り!BSロードマン ばんざい
【2012/10/30 22:42】
プロフィール
HN:
みつぼし でんき(DENKEY)
性別:
男性
自己紹介:
基本的に無趣味でインドア派なのに、ある日突然変異的チョー例外として釣り人となり、サイクリングファンとなる。だが実は趣味未満。よって、乗っているチャリは高校時代から使っているブリヂストン ロードマン。

そして「のだめカンタービレ」(ドラマ)狂。

野球はもちろん地元北海道日本ハムファイターズ

「電子式記録簿でんき風味」好評発売中(Amazon)
Google 検索

Web を検索 このサイトを検索
バーコード
電子式その1
電子式その2
忍者ブログ [PR]