キャリアアップ 忍者ブログ
世界屈指のテキトー人DENKEY(でんき)が、古自転車にまたがり釣り竿を振り回しながら、どちらかというとドーでもイイことを綴る日記帳。
[127]  [126]  [125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 ここ3週間のチャリ搭乗時間合計は近所のコンビニ往復のたった10分だけであり、休日の全ての時間はシエスタと化している。

 だいたい、天気が悪い。週末になれば雨で、晴れていればクソ暑い...、というのは言い訳であり結局はメンドーなのだ。

 今年3回ある300キロブルベのうちすでに2回終わり、もう一回はとてもじゃないけど険しいルートだから最初から行かないことに決めていたので気持ちはすっかりオフなのである。

 ところが、日程が近づいてくるとやはり気になるもので、一応、可能かどうかを考えてみることにする。

 まず、スタートは朝6時で、自宅からスタート地点まで約1時間自走しなければならないから、やっぱり朝は4時に起きなければならぬ。しかも、コース上に我が家があるから、悔しいったらありゃしない。

 このコースは、札幌-小樽-岩内-ニセコ-ルスツ-支笏湖-札幌というわざわざ山の間を縫って走るので、まず平地はほとんどなく、上り下りの連続であり、つまり、コースの半分は漕がねばたちまち止まってしまうのだ。

 前半130キロだけでも2つの山があるから、最低限チャリのギヤをもっと軽く走れるものに交換しなければまず脚が持たぬ。

 途中でリタイヤなどしたらさらに大変だ。帰りの交通機関がまるでないのだ。

 おそらく前半岩内までの130キロぐらいはなんとか漕げそうだが、岩内まで来てしまうと札幌行きのバスが夕方にはない。そうなると仕方ないから次の交通機関があるニセコまで這ってゆかなければならない。ここならなんとか札幌行きのJRに乗ることができる。

 ところが、おそらくここまで来たら「もう少し走れるんぢゃね?」などと勘違いするわけで、そうなるともう後戻りできないのだ。

 この先ルスツも支笏湖も夜のバスなど走っていないから、リタイヤしたら野宿して翌日自走かバスで帰るしかない。秋の夜はめっぽう寒く山の中ばかりだから熊だって出るに違いない。

 つまり、生きて帰れるかどうかも難しく、完走出来る可能性などほぼゼロなのだ。

 それでも、完走の可能性にいろいろ考えをめぐらせ、参加するかどうか迷ってしまうのである。


写真:確か8月下旬の、手稲山登坂途中より山頂を望む
 手稲山



以前の日記つながり:
グショグショの靴に短い夏の冒険は終わった
たくさんの時間を取り戻した日(上)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Google 検索

Web を検索 このサイトを検索
プロフィール
HN:
でんき
性別:
男性
自己紹介:
基本的に無趣味でインドア派なのに、ある日突然変異的チョー例外として釣り人となり、サイクリングファンとなる。だが実は趣味未満。よって、乗っているチャリは高校時代から使っているブリヂストン ロードマン。

そして「のだめカンタービレ」(ドラマ)狂。
でも、今は森山みくりにキュン死中

野球はもちろん地元北海道日本ハムファイターズ
バーコード
電子式その1
電子式その2
忍者ブログ [PR]