キャリアアップ 忍者ブログ
世界屈指のテキトー人DENKEY(でんき)が、古自転車にまたがり釣り竿を振り回しながら、どちらかというとドーでもイイことを綴る日記帳。
[122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

     DSCN0245a.jpg 

チャリのスキルがたいしたないのに、闇雲に走ったところでなんとか走れるのはせいぜい10時間であり、前回の200キロブルベ完走はキセキに近い。今回の300キロもリタイヤはトーゼンと言えなくもない。

 それでも、何とかしてキセキにありつきたいわけであり、しかも練習は極力避けたいから、例によって中古品でチャリを改造するのである。

 まずホイールとタイヤで、こちらは一昨年使っていたちょっと重いヤツに戻す。どうもそのほうが巡航速度が少しだけ早い。ヘタクソな証拠だ。それから、年々出てくる腹がつっかえて息ができないので、なるべく前傾姿勢にならないようステムを長い物に交換しハンドルを高くした。

 ポジションが楽になったせいか手稲山ハイランドまでの試走は上々でDENKEY的好タイム66分を記録したが、それでもまだやっぱり途中10回以上は休みが必要なことに変わりはない。チェーンリングをさらに小さいものに交換すればペダルは今より軽く廻せて楽になるはずだが、改造に際限が無くなり完全にドロヌマだ。

 来月10日にはもう一度ブルベ300キロがあり、今度は十勝の芽室から富良野・旭川・深川を通って札幌まで帰るコースで、前半にある狩勝峠を越せればあとはほとんど平地なので気力が続けばゴールにたどり着けるはずだが、平日でしかもスタート地点が我が家からかなり遠いということで参加できるかどうかということが最大の難所なのである。

写真:手稲山オリンピックハウスと改造後のブリヂストン・ロードマン
 手稲山-オリンピックハウス-ブリヂストン・ロードマン
今回使用した部品:
 ステム  名も知らぬもの 突き出し60mm 長さ 200mmぐらい
 ホイール  ALEXRIMS R450
 タイヤ   Continental Ultra sport 25c
 チューブ  Panaracer R-Air
以前の日記つながり:
サイクリングの女神を微笑ませるのは容易じゃない
サイクリングの女神は二度微笑む
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Google 検索

Web を検索 このサイトを検索
プロフィール
HN:
でんき
性別:
男性
自己紹介:
基本的に無趣味でインドア派なのに、ある日突然変異的チョー例外として釣り人となり、サイクリングファンとなる。だが実は趣味未満。よって、乗っているチャリは高校時代から使っているブリヂストン ロードマン。

そして「のだめカンタービレ」(ドラマ)狂。
でも、今は森山みくりにキュン死中

野球はもちろん地元北海道日本ハムファイターズ
バーコード
電子式その1
電子式その2
忍者ブログ [PR]