キャリアアップ 忍者ブログ
世界屈指のテキトー人DENKEYが、古自転車にまたがり釣り竿を振り回しながら、どちらかというとドーでもイイことを綴る日記帳。
[119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [103

ブルベのスタート時間が朝6時で、受付がさらに30分前、しかもスタート地点まで1時間自走するとなると家を出るのは4時半で、つまり4時前には起きなければ間に合わないのに、仕事が終わって寝たのが1時だ。

 それでも、緊張感のせいか割とさわやかに目を覚ましたがそのままうっかり二度寝してしまい、急いで天気予報をチェックしながら簡単な食い物を頬張り、さらにこの期に及んで荷物をさらに絞って詰め直し、遅刻気味だが颯爽と家を飛び出した。

 ところがとたんにフトモモの痙攣に見舞われあえなくスローダウン。今までチャリ中に脚が攣るなどということがなかったから、ちょっとイヤな予感がした。

 それでも5時半にはスタート地点に到着。
 すでに参加者はかなり集まっていたが、どう見てもかなりの走り屋ばかりで、誰もが高そうなチャリにかっこいいサイクルジャージで身を固めているのだ。

 コッチは古チャリでユニクロのドライにウインドブレーカーという出で立ちだからついつい卑屈になるが、マウンテンバイクでダルビッシュのレプユニという参加者がいたので正直ホッとした。

 車検が終わり、6時ちょっと前にスタート。

 今回は準備からここまでとにかく時間がタイトであり、気持ちにもゼンゼン余裕がないのがよくわかる。
 とにかく、平均時速18キロで「1時間走って5分休む、さらにおやつ付き」走法を心がけるようにした。
 それに、日本海側は南風の予報、つまり追い風であり無理をしなければイケる計算だ。

 最初は順調な滑り出しで、平地は時速30キロ程度で巡航していたが、20キロを過ぎたころからまたまたフトモモが痛みはじめた。
 そもそも呼吸が苦しくなる前に脚が痛むなどということは無かったのだが、今朝の痙攣といい、どうもなんか変だ。
 2年前のブルベでも脚に「疲れた感」はあっても痛くはならなかったのだ。

 しかもこの日本海側の地形はアップダウンが多く、さらに脚にくる。
 脚の力を抜いて回すことをことさら意識して走るが、脚の痛みがおさまらぬまま第1チェックポイントの浜益に到着。
 約80キロを4時間40分ほどかかった計算になり、予定としては悪くはないが余裕もない。

 あと一人後ろにいるとの情報で、しばらくしてやってきたのはダルビッシュMTBの彼だった。

下に続く--->

以前の日記つながり:
サイクリングの女神を微笑ませるのは容易じゃない
走る前からリタイヤ
春の寒風に自転車冒険は終わった


 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
プロフィール
HN:
みつぼし でんき(DENKEY)
性別:
男性
自己紹介:
基本的に無趣味でインドア派なのに、ある日突然変異的チョー例外として釣り人となり、サイクリングファンとなる。だが実は趣味未満。よって、乗っているチャリは高校時代から使っているブリヂストン ロードマン。

そして「のだめカンタービレ」(ドラマ)狂。

野球はもちろん地元北海道日本ハムファイターズ
Google 検索

Web を検索 このサイトを検索
バーコード
電子式その1
電子式その2
忍者ブログ [PR]