キャリアアップ 忍者ブログ
世界屈指のテキトー人DENKEYが、古自転車にまたがり釣り竿を振り回しながら、どちらかというとドーでもイイことを綴る日記帳。
[15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [9]  [8]  [7]  [5]  [6]  [4
いよいよ今日はV2に王手が掛かった試合である。

嫁は飲み会、子供たちは野球に興味なし。従って、ボク一人で応援である。まぁ、今日は間違いなく決めてくれるだろう。今日は疫病神嫁が居ないのだ。

 本当はパブリックビューイングでみんなと優勝を分かち合いたいところであったが、出かけられそうもなかったので家で応援することにした。しかし、なんたることだ。こともあろうにTV中継がない。仕方がないので居間にPCを持ち込んでの応援である。

 1回の表、ファイターズの攻撃。いつもなら、観ていないか、かるーく流してしまうが、今日は優勝が決まるかもしれない特別の試合だ。すでに応援全開。というか、試合前からすでに心臓バクバク・目はウルウルである。

 最終回、ファイターズの攻撃で打線爆発、一挙6点を挙げ8点差。ファイターズに隙を見せたら最後、アットいう間にズタブロだ。今シーズンも何度か観てきた。ライオンは兎を追うときでも全力で立ち向かうという。そんな瞬間を見せつけられた気がした。そして、最終打者を三振に仕留め、優勝を決めた。

 優勝と決まれば、これは祝勝会に参加しなければならぬ。ビールを両方のポケットに入れ、中継中のラジオ片手に風呂の扉を開けた。そこは、駐車場に設けられた特設会場だ...


 ちょうど大社オーナーの挨拶が始まったがフライングをたしなめられたオレはビールをポケットにしまった。金子選手会長が乾杯の音頭で前に出たので、待ってましたとばかり一番前に陣取った。

 乾杯の合図とともに金子選手会長にはキャプテンご苦労さんとタップリお見舞してやった。田中幸雄にも強烈な泡で労った。ヒルマン監督には素晴らしい夢をありがとうとダブルでかけまくった。そこで、手持ちのビールがなくなった。

 他の選手にもかけたかったのだが、まだオレには明日の試合が残っている。この寒さで肩を冷やしてはならないので早々と引き上げ風呂の扉を閉じた...


 この続きは、勿論クライマックスシリーズでも日本シリーズでもできると信じている。
(シーズン初めはこうなるとは夢にも思っていなかったことは内緒だ!)
PR
プロフィール
HN:
みつぼし でんき(DENKEY)
性別:
男性
自己紹介:
基本的に無趣味でインドア派なのに、ある日突然変異的チョー例外として釣り人となり、サイクリングファンとなる。だが実は趣味未満。よって、乗っているチャリは高校時代から使っているブリヂストン ロードマン。

そして「のだめカンタービレ」(ドラマ)狂。

野球はもちろん地元北海道日本ハムファイターズ
Google 検索

Web を検索 このサイトを検索
バーコード
電子式その1
電子式その2
忍者ブログ [PR]