キャリアアップ 忍者ブログ
世界屈指のテキトー人DENKEY(でんき)が、古自転車にまたがり釣り竿を振り回しながら、どちらかというとドーでもイイことを綴る日記帳。
[85]  [86]  [87]  [88]  [89]  [90]  [92]  [91]  [93]  [94]  [98
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

正月休みのワカサギ釣りは、また格別である。

 正月は嫁の実家で過ごすのだが、1月2日だけは一人で抜け出しワカサギ釣りに行くと決めている。今年はホロカヤントーへ足を伸ばしてみた。

 1月2日といえどもすでに数十人の釣り人がいる。ワカサギ釣りバカ、いや、ワカサギ愛好者の多いことか。
 早速準備に取りかかる。氷に穴を開けるのだがこれが意外と固い。ここは湖の水がそのまま凍るのだ。無酸素運動2分を2セットで準備完了。

 餌付けも早々に釣り糸を垂れるが思うように釣れない。周りをうかがってもあまり釣れていないようだ。こういうときは神頼み、じゃなく管理人頼みだ。とりあえず管理人さんのところへアドバイスをもらいに行ってみた。

 管理人さんに聞いてみたところ、「ポイントはわからないからとにかく穴を開けてやってみて」とのこと。もうちょっと粘ると、ここのワカサギはそもそも型が小さいということがわかった。なるほど、いつもの餌じゃここの魚には大きいらしい。

 餌を変えると上がるようにはなったが、すでに時遅し、マズメの時刻を過ぎていたためボチボチだ。しかし、ここであきらめるボクではない。ここからは足が勝負だ。2時を過ぎたころから客が帰り始める。狙いを付けていたポイントがいくつかあるのでそこを片っ端からねらうのだ。
 客が帰ったので、早速その場所に釣り糸を垂れる。案の定爆釣だ。
 夕方4時、なんとか数のつじつまを合わせ帰路につく。

 帰って、早速料理をしてもらった。料理というにはおこがましいが、唐揚げである。しかし、これが一番旨い。
 嫁の家族・我が家の家族など総勢10名の腹に収まった。ボクの口にはいったのは数匹だったが、子供たちに「おいしい」「また釣ってきて」と言われるこのときが一番うれしい。
PR
Google 検索

Web を検索 このサイトを検索
プロフィール
HN:
でんき
性別:
男性
自己紹介:
基本的に無趣味でインドア派なのに、ある日突然変異的チョー例外として釣り人となり、サイクリングファンとなる。だが実は趣味未満。よって、乗っているチャリは高校時代から使っているブリヂストン ロードマン。

そして「のだめカンタービレ」(ドラマ)狂。
でも、今は森山みくりにキュン死中

野球はもちろん地元北海道日本ハムファイターズ
バーコード
電子式その1
電子式その2
忍者ブログ [PR]