キャリアアップ 忍者ブログ
世界屈指のテキトー人DENKEYが、古自転車にまたがり釣り竿を振り回しながら、どちらかというとドーでもイイことを綴る日記帳。
[29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19
「のだめ」好きは相変わらずだが、その影響で普段の音楽はすっかりクラシック一色である。天気の悪い休日はサイクリングも一休みで、音楽を聴きながらの雑用三昧となる。


 こう見えても実はクラシック好きであり、ドラマでかかっていた「エリーゼのために」を聞いて、天に拳を突き上げた、じゃなかった、レコードをせがんだのは確か幼稚園のころだったはずだ。

 その後はフツーに「ウルトラマン」「黒猫のタンゴ」など聴いて過ごしたが、中学にはいると友人の影響でクラシック、さらに「ピンクレディ」と続く。

 そして、ラジオでたまたま流れた「宇宙幻想」ですっかり「冨田勲」ファンとなり、後に小室哲哉となる。(いや、ならない。)
 たくさんのクラシック曲と巡り会えたのもトミタサウンドのおかげなのだ。

 だが20代に入ると「日野皓正」でジャズに魅了され、以来ついこの間までずっと邪頭だ。


 そして、(ウルルン風に)「のだめカンタービレ」に出会った~。


「一音一音、無意味な音なんてないんだぞ」

という千秋の言葉が電撃となって体中を走った。今までそんなこと考えたこともなかったのだ。

 早速、マッチ棒と竹串と電気ドリルと耳かきと綿棒と掃除機で20年来たまっていた耳垢をすっかり掃除し、耳をすまして音楽を聴いてみると...

おぉ、なんということだ。そこにあるすべての音は必然であり、なぜ、その音がなぜそこに存在するのか一瞬で理解できる。
こうなったら、今からベートーヴェンになって...

...気がついたら1日が終わっていた、というぐらいクラシックには妙な魔力がある。
PR
プロフィール
HN:
みつぼし でんき(DENKEY)
性別:
男性
自己紹介:
基本的に無趣味でインドア派なのに、ある日突然変異的チョー例外として釣り人となり、サイクリングファンとなる。だが実は趣味未満。よって、乗っているチャリは高校時代から使っているブリヂストン ロードマン。

そして「のだめカンタービレ」(ドラマ)狂。

野球はもちろん地元北海道日本ハムファイターズ

「電子式記録簿でんき風味」好評発売中(Amazon)
Google 検索

Web を検索 このサイトを検索
バーコード
電子式その1
電子式その2
忍者ブログ [PR]