キャリアアップ 忍者ブログ
世界屈指のテキトー人DENKEYが、古自転車にまたがり釣り竿を振り回しながら、どちらかというとドーでもイイことを綴る日記帳。
[28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18
新入社員のころ、「1日は休養、1日は教養」で休みを過ごせと教えられたが、未だ休みはほとんど「雑用」だ。しかし、今日のところはたいした予定もないので、朝飯を食いながら「ザ・サンデー」「ゲゲゲの鬼太郎」など眺めてから、おもむろにサイクリングに出かけた。あまり張り切って出かけないのは「2日とも休養しかもベッドの中」になりかねないからだ。

 だが、行き先は「平和の滝」と決めている。去年の今頃一度走っていて、最後の急な坂道を結局はチャリを押して登ったのだが、今年はどの程度まで行けるかか試してみるつもりだ。

 道は相変わらずのツギハギサイクリングロード。未だあちらこちらで車道に寸断されており、スムーズに走るには若干の路線乗り換えギジュツが必要だ。人生と同じ、間違うとエラいことになる。従って、昨年走って以来、ここを「人生ロード」と勝手に呼んでいる。


 新川、農試公園、琴似まではほぼ平地だが、西野から平和の滝まではずーっと上り坂であり、それでも、難なく1時間ちょっとで件の坂の下に到着。

 ところが、そこから、もうぜんぜん足が動かない。こりゃ噂の平和の滝の心霊現象かと思い、さっそく山伏となって九字でも切ろうかと思ったら違った。ここまであまり感じなかったのだが、意外と足に疲れがきていたのだ。

 いったん休んで再度漕ぎ出すが、進む速度はアリ以下だ。意地でも漕ぐか、やはり押して登るか、休んででも漕いでのぼるか...
押すか...
漕ぐか...

「辛さの向こうに喜びがある」ということを考えると漕いで登ることも確かに大事なような気もするが、別にそんなことにこだわる必要もない気もするし...まぁ、大事なのは「自分で決める」「決めたら後悔せず、断固として進む」ってことだから、実はどっちに決めても何の問題もないということさ...

 などということを考えながら100mほど進み、押して登ることに決めた。こんなことをついつい考えてしまうところはやはり「人生ロード」たる所以なのだ。


 15分ほどで「平和の滝」駐車場へ到着。しばし滝のマイナスイオンパワーで癒される。

 まぁ、結局は去年ほども漕げなかったという状態であるが、それはそれで仕方がない。なぜなら、三日坊主のトレーニングは最初からやらないと決めているのだ。
PR
プロフィール
HN:
みつぼし でんき(DENKEY)
性別:
男性
自己紹介:
基本的に無趣味でインドア派なのに、ある日突然変異的チョー例外として釣り人となり、サイクリングファンとなる。だが実は趣味未満。よって、乗っているチャリは高校時代から使っているブリヂストン ロードマン。

そして「のだめカンタービレ」(ドラマ)狂。

野球はもちろん地元北海道日本ハムファイターズ
Google 検索

Web を検索 このサイトを検索
バーコード
電子式その1
電子式その2
忍者ブログ [PR]