キャリアアップ 忍者ブログ
世界屈指のテキトー人DENKEY(でんき)が、古自転車にまたがり釣り竿を振り回しながら、どちらかというとドーでもイイことを綴る日記帳。
[92]  [91]  [93]  [94]  [98]  [61]  [186]  [165]  [133]  [108]  [107
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

坂田明の曲で初めて知った言葉だが、その音楽以来ハナモゲラ人間となり最近は寒さで鼻もげた...

-------------
 毎週末、夜な夜な防波堤で釣りをしていた私だが、トーゼン「その日」もいつも通りだ。到着したときはPM11:00を回っていた。

 すでにミッション態勢な私のポケットでケータイが唸る。妻からのメールだ。敵に察知されないようメールを送ることなどしない妻だが、今回は緊急事態だ「タバコカッテカエッテキテ」。すでに禁断症状らしい。
 右手にケータイ、左手にロッド(なんか沢田研二の歌に似たのがあったなぁ)、ピピピッと送信完了。と思った瞬間、足が宙を踏んでいた。「ドボン」。メールに集中するあまり、そこが防波堤手前50cmということを忘れていたのだ。

 海はキケンという情報を裏組織より入手していた私はもちろんライフジャケット着用だ。しかし、さすが貧乏根性、両手のものはつかんだままだ。

 時刻が時刻だけに釣り人などほとんどいないが、100mほど後ろに釣り人がいたことに気がついていたので一応叫んでみることにする。「スミマセ~ン。タスケテクダサーイ」情けない。

 水面と防波堤の高さは約2m以上、声はすべて跳ね返されて届かないらしい。電話も水没してOUTだ。緊急用の警笛もライフジャケットに入っていなかった。絶体絶命。

 ふと見ると、7mほど先に係留用のロープが下がっているではないか。流されないよう際の昆布に掴まりながら何とかたどり着きよじ登った...
-------------

 実はボクは泳げない。つまり、あのときライフジャケットを着ていなかったらmixiに日記など書くことができなかった可能性がある。あれから1年以上経過したが、未だにそのときのことを考えると全身に寒気が走り思考が停止する。よって、風呂にはいるときもシュノーケルだ。

 しかし、翌週も防波堤へ。すでに、ウマ・シカだ。
PR
Google 検索

Web を検索 このサイトを検索
プロフィール
HN:
でんき
性別:
男性
自己紹介:
基本的に無趣味でインドア派なのに、ある日突然変異的チョー例外として釣り人となり、サイクリングファンとなる。だが実は趣味未満。よって、乗っているチャリは高校時代から使っているブリヂストン ロードマン。

そして「のだめカンタービレ」(ドラマ)狂。
でも、今は森山みくりにキュン死中

野球はもちろん地元北海道日本ハムファイターズ
バーコード
電子式その1
電子式その2
忍者ブログ [PR]